2011年01月27日

カルメン アマジャ

カルメン アマジャフラメンコの記念公演が10日後に迫って来て、ドキドキと落ち着かない気持ちです。
そのせいか、今は無きフラメンコの踊り手の事を思って勇気を貰おうとしている私がいます。
この絵は、私がスペインのへレスに勉強に行っていた時にスタジオに掛けられていたもので、そのスタジオを訪ずれた時にフッと 気配を感じて振り返ると、そこに彼女は立っていました。
伝説の踊り手カルメン アマジャです。

月の光の元、一心に踊るカルメン アマジャ!
彼女は誰かに見せる為に踊っているのでは無く、自分自身の内面を探り、見つめる様に踊っている様に見えます。
本来、フラメンコは、自身との会話 そして祈りの様なものだと、私は感じています。

私も彼女の様に、自分自身に向かって踊っていけたら素敵だなと思っています
posted by MARIA at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | フラメンコについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42982068
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック